脇汗の原因と止める有効な方法とは?

前回は、『乳がんの最新治療と治療の流れとは?』をテーマにお話させていただきました。

季節は、猛暑だった夏から涼しい季節に変わってきましたが、未だ過ごしにくく、汗ばむような暑い日がありますね。

そんな中、汗が目立って困っている人は少なくありません。

特に、見た目が気になる脇汗に困っている方は多いのではないでしょうか?

たとえ、汗が無臭の人でも周りからは『臭そう。。。』と思われることも少なくないので、なんとか『汗を止めたい!』と思っている人もいるはずです。

そこで、今回は『脇汗を止める方法3選とおススメアイテムは!?』についてお話しさせていただきたいと思います。




なんで脇汗ってかくの?【汗の種類と原因】

まず、脇汗をかく原因をみる前に、まずは汗の種類をみていきましょう。

ご存じない方もいるかもしれませんが、汗には種類が3つあります。

3つの汗とは?

温熱性発汗

↳まず、人間が生命を維持する上で最も大切な機能の一つとして温熱性発汗があります。

温熱性発汗は、外気温による影響、運動や入浴などで体温が上昇した際に、体温を下げるための機能です。

効率よく体温を下げる必要があるため、発汗する場所は特定されておらず、全身から汗をかきます。

また、肥満の人は汗の量が増えることがあるのは、体温を下げにくいため、表面積が大きいためと考えられます。

 

味覚性発汗

↳味覚性発汗とは、辛い物を食べたときや熱い物を食べたときに起こる発汗のことです。

食事をした際、汗をかくのは味覚性発汗です。

温熱性発汗は全身性の発汗ですが、味覚性発汗ではおでこや首などに汗をかくことが多いとされています。

 

精神性発汗

↳精神性発汗は、なかなかイメージしづらいかと思いますが、実は皆さんがご経験されています。

精神性発汗は、自律神経の交感神経(緊張)と副交感神経(リラックス)のうち、交感神経が働くことにより汗をかくことを指します。

緊張や不安、ストレス、精神的刺激などにより発汗します。

このように、汗には3つの種類があります。

ちなみに、緊張や不安もなく、暑くも感じていない状態でずっとおでこに汗が噴き出てくる場合は、温熱性発汗による影響だと思われます。

というのも、汗腺(汗が出るところ)の機能が低下した場合、汗を出して体温を下げるどころか熱が体内にこもってしまう、その結果、顔や首から汗が噴き出してくるということがあるためです。

%e6%b1%97%e3%82%92%e3%81%8b%e3%81%8f

では、脇汗はなぜ出るのでしょうか?

基本的に、汗をかくのは体温を下げるためだというのはすでにお分かりいただけたと思います。

実は、脇には汗をかくための汗腺が多くあります。

といっても、個人差はありますが、一日に700~900mlの汗が全身から出るとした場合、脇汗はたったの1%に過ぎません。

ただ、脇汗が多く出る病気があり、それを『腋窩多汗症(えきかたかんしょう)』といいます。

2012年11月より、重度の原発性腋窩多汗症に限り、ボトックス注射(発汗を促す神経物質をブロックして汗を抑える)の保険適用が認められました。

では、脇汗を抑える方法についてみていきましょう。

%e8%84%87%e6%b1%97%e3%82%92%e3%81%8b%e3%81%8f%e5%8e%9f%e5%9b%a0%e3%81%af%ef%bc%9f

 

脇汗を止める有効な方法とは?

脇汗が多くの人から嫌がられる原因としては、

『見た目が悪い(シャツが黒ずむ)』

『シャツが濡れて、気持ちが悪い(着心地が悪くなる)』

『周りからどう思われているのか気になる』

『脇汗が気になり、オシャレが楽しめない』

という当事者特有の悩みから、

『気持ち悪い』

『臭そう』

というネガティブなイメージを周囲から持たれがちです。

体には、アポクリン腺と呼ばれる汗腺とエクリン線と呼ばれる汗腺の2種類があります。

エクリン腺…エクリン腺から出る汗の99%は水分で、残り1%に塩分や尿素、アンモニアが含まれていますが、水分が99%なので、ほぼにおいはありません。

エクリン腺は、全身に分布しています。

アポクリン腺…アポクリン腺から分泌される汗は、白っぽい色で粘り気があるのが特徴です。

成分は、タンパク質・脂質・糖質・アンモニア・鉄分などが含まれており、これらの成分が常在菌により分解されることで、ワキガ独特のにおいが発生します。

ワキの下や陰部、耳の中(外耳道)、肛門、乳輪など限られた部位に存在する汗腺です。

%e8%84%87%e6%b1%97%e3%81%a7%e6%82%a9%e3%82%80GU / 古天熱

では、そんな脇汗を止める有効な方法はどういうものがあるのでしょうか?

食生活を見直す
↳食生活が乱れると体臭が悪化することがあります。

脂肪分の多い食品、ジャンクフードやインスタント食品、カプサイシンが多く含まれるような刺激が強い食品や偏った食生活を続けていると脇汗を始めとする汗の臭いが悪化する可能性が高いので、まず自分が普段摂っている食べ物や食生活を見直しましょう。

 

運動不足を解消する
↳実は、運動不足で脇汗が緩和されることがあります。

というのも、汗腺というのは体温を調節する上でなくてはならないものですが、運動不足になってしまうと、汗をかく機会が減ってしまい、体温調節機能が低下してしまいます。

体温調節機能が低下してしまうと、全身の汗の量が減ってしまい、その分脇汗の量が増える可能性があります。

もし、運動不足だと自覚がある場合は、ウォーキングやジョギングからでも良いので運動を習慣にしてみましょう。

 

ツボを押さえる
↳脇汗を止めるツボがあることをご存じでしょうか?

『おくえい』と呼ばれるツボを1~2分押さえることで、顔やワキなど上半身の汗を抑えるのに有効です。

ツボの場所は、左右それぞれ乳首から3cm~5cm程上の部分にあります。

ここを指3本ぐらいで、2、3分押さえることで効果的に汗を抑えることができます。

%e8%84%87%ef%bc%92

 

〇の部分を指で押さえることで汗を抑える効果が期待できます。

いかがだったでしょうか?

今回は、『脇汗の原因と止める有効な方法とは?』をテーマにお話しさせていただきました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
コメントは利用できません。

スポンサードリンク

カテゴリー

最新の美容情報一覧▼

ページ上部へ戻る