老眼が始まる年齢と対処方法とは?

前回は、【多汗症は改善できる?~原因と治療について~】をテーマにお話させていただきました。

今回は、テーマがガラリと変わります。

『最近、近くが見えにくいなぁ。。。』と40歳を超えてから老眼が気になっている方は少なくありません。

昔は、どちらかというと遠くが見えにくかったのに、いつの間にか手元がよく見えなくなるということも。

そこで、今回は【老眼が始まる年齢と対処方法とは?】をテーマにお話していきたいと思います。




老眼が始まるのは何歳から?

まず、はじめに理解しておかなければならないことは、老眼は加齢現象であることです。

加齢現象なので、”歳をとれば、誰でも老眼になります。

人間の眼には、水晶体という非常に柔らかいレンズがあり、このレンズの厚さを変えながらピントを合わせます。

例えば、近くを見るときは、毛様体筋という筋肉が緊張して水晶体レンズを厚くします。

反対に遠くを見るときは筋肉がリラックスした状態でレンズが引っ張られて薄くなります。

歳をとるとこの水晶体が硬くなって、筋肉が緊張しても厚みを変えられなくなりピント調整の力が落ちてしまいます。

老眼が始まる時期、老眼に気付く時期についてですが、もちろん個人差があります。

はじめは目の疲れやかすみ、小さな文字が見えにくいなどの症状があり、

老眼は、一般的には42歳~45歳頃から始まる

とされています。

ちなみに、近視の人は老眼になりにくいと言われていますが、これは少し誤解があります。

近視の人は、もともと近くにピントを合わせやすい状態になっているので、老眼になっても自覚しづらいだけなのです。

反対に遠視の人の場合は、遠くを見やすいようにピントが調整されています。

そのため、近くを見るにはふつうの人より強い調整力が必要になりますので、遠視の人は、近視の人よりも老眼の症状を早く自覚することになります

 

老眼になった場合の対処法は?

さて、老眼が何歳頃から始まるかについてはお分かりいただけたかと思います。

では、実際に老眼になってしまった場合は、どのような対処法があるのでしょうか?

老眼への対処法はいくつかあります。

老眼への対処法

老眼鏡
↳もっとも手軽なのは、老眼鏡です。

実際に、老眼鏡を使っている方はお分かりになるかと思いますが、100円ショップから眼鏡屋さんまで幅広くどこでも販売しています。

老眼の症状改善のため、自分の目の状態にあったレンズの種類、度数を選ぶことは当然ですが、それ以外にも視線の位置、ツルの部分などのフィッティングも重要になります。

老眼鏡も自分の目の状態に合っていないと目の疲れや頭痛の原因になってしまいますので、一度眼科を受診し、眼検査を行った上で老眼鏡を購入することをおすすめします。

コンタクトレンズ
↳コンタクトレンズは、視力低下や乱視のときに使用するイメージが強いですが、実際には老眼でも使用することができます。

最近では、コンタクトレンズの遠近両用タイプも様々な種類が登場してきており、老眼の方も違和感なく使用できるといえます。

遠近両用タイプのコンタクトレンズが合わないと感じる方は、左右の目の度数を変えて、片方の目を少し近視にする『モノビジョン』を試してみるのも一つの手です。

手術
↳老眼鏡やコンタクトレンズ以外にも、手術という選択肢もあります。

レーシック:レーシックは、レーザー照射によって角膜のカーブを変えて近視や遠視、乱視を治療する手術です。レーシックで老眼を治すことはできませんが、レーシックにより『モノビジョン』の状態を作り出すことが可能です。(レーシックを希望していても、角膜に問題がある場合は、レーシック手術が受けられない場合もあります。)

多焦点眼内レンズ:多焦点眼内レンズは、単焦点ではなく多焦点のレンズを用いることにより、遠近両用、遠中近の3焦点を見えるようにすることができます。

老眼が進行すると白内障(水晶体に濁りが生じる)を発症する可能性が高くなります。

老眼に悩まされ手術をしたいと考えた際に、白内障の治療と同時に老眼を治療することが可能で、硬化した水晶体を取り除き、人工の眼内レンズを装着する手術が多焦点眼内レンズになります。

 

老眼への対処法のいずれを選択する場合も、まずは眼科を受診して専門医に相談しましょう。

 

最近、問題視されている『スマホ老眼』とは?

皆さんは、『スマホ老眼』をご存じでしょうか?

老眼という名前ですが、実際には老眼ではありません。

街中やカフェ、電車やバスの中などいたる所でスマホを触っている人を見かけます。

また、そのスマホを近くで見ている人が非常に多いことに驚かされます。

スマホ老眼とは、

スマホを近くで長時間見すぎるため、毛様体筋の緊張が高くなってしまい、ピント調整機能が一時的ですが働かなくなることで、視界がぼやけたり、目がかすむことにより『老眼』になったような症状が現れることをいいます。

また、スマホ老眼だけでなく、スマホやPCを長時間凝視ことにより、まばたきを忘れ、目の表面が乾く『ドライアイ』にも気をつけなければなりません。

この『スマホ老眼』、『ドライアイ』は直接老眼に関係しているわけではありませんが、将来的に目の機能低下に関わってきますので、PCレンズを使用してスマホやPCを見たり、1時間に一度休憩するなど目をいたわるようにしましょう。



いかがだったでしょうか?

今回は、『老眼が始まる年齢と対処方法とは?』をテーマにお話させていただきました。

nic519

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
コメントは利用できません。

スポンサードリンク

カテゴリー

最新の美容情報一覧▼

ページ上部へ戻る