美容の大敵『活性酸素』について

皆さんは、『活性酸素』という言葉を耳にしたことはあるでしょうか?

美容業界で『活性酸素』と言えば、アンチエイジングと並びすっかりお馴染みの美容用語になったように感じます。

 

活性酸素』とは?

活性酸素は、体にとって必要な物質です。

体内に侵入した細菌やウイルスに対抗するために白血球から放出され、殺菌や消毒といった働きがあります。

しかし、その一方で老化を助長するという悪影響があることが最近の研究で明らかになりました。

人間は、60兆の細胞で構成されています。

各細胞の外側の細胞膜は【不飽和脂肪酸】というもので作られており、不飽和脂肪酸活性酸素と結びつくことで酸化し過酸化脂質となり、結果として細胞が老化します。

つまり、体内に活性酸素が増えすぎると体の内側から老化する、ということになります。

 

鉄が酸化すると錆びます。

人体も酸化すると鉄と同様に錆びていきます。

実は、活性酸素が発生する原因はある程度判明しています。

 

 

活性酸素が発生する原因は?

活性酸素は、摂取する酸素の1~3%にもなると言われ、1日に100ℓ以上の活性酸素が発生していると言われています。

また、紫外線を浴びる、タバコを吸う、ストレス・睡眠不足、排気ガスの吸引などで発生することが分かっています。

食事に関しては、ジャンクフード、レトルト化、添加物過剰な食品、古い油を使用した揚げ物や加工食品などです。

タバコはもっとも活性酸素の発生を助長させるとされており、1本タバコを吸うごとに100兆もの活性酸素が発生すると言われています。

基本的には、人工的に作り出したものや体に有害とされるものに対して、体が抵抗しようとして活性酸素が発生すると覚えておきましょう。

 

活性酸素は病気の元?

活性酸素は、原子核のまわりの電子が2個で一つのペアとなっていますが、中には不対電子を持った活性酸素があり、他の電子を自分が奪う形を取ることがあります。

そうすると、正常な細胞の機能を低下させることになり、その結果様々な病気にかかるリスクを増加させることになります。

しみ”や”しわ”が出来ることは有名ですが、癌(ガン)をはじめ動脈硬化や脳梗塞、糖尿病などの生活習慣病の原因とも言われています。

ですので、活性酸素は病気の原因になりうることが分かります。

ここまでをご覧になられると、『活性酸素』が人体に有害で、毎日体の中で発生しているということがお分かりいただけたと思います。

では、活性酸素は除去できないのか?ということが気になりますね。

活性酸素を除去することは出来るのか?

実は、人間の体には『活性酸素』を除去する機能が備わっています。

カタラーゼスーパーオキシドディスムターゼペルオキシダーゼなどの活性酸素を無害化する酵素が各組織には存在します。

しかし、大量に発生した活性酸素はこの『活性酸素』を除去する機能の限界を超える場合があり、活性酸素を発生させるような生活を続けている人は活性酸素による老化現象や発病などの影響を受けやすいので、生活を改めることが必要です。

次回は、活性酸素』を除去するポイントについてお話します。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
コメントは利用できません。

スポンサードリンク

カテゴリー

最新の美容情報一覧▼

ページ上部へ戻る