日焼け止め(サンスクリーン)を選ぶ際は、、従来のUVBをカットする機能(SPFで表示)に加え、UVAカット機能(PAで表示)を重視することが大切です。

 

特にPA値は「+」「++」「+++」の3種類の表示しかないため、日差しの強い季節は同じ「+++」表示の中でもより高いUVAカット効果を持つものを選ぶようにしましょう。

 

将来のシミ・しわを予防するには紫外線をできるだけ浴びないことが一番だとされています。

 

日焼け対策を施している、方は強い日差しを避けるために日傘をさし、日焼け予防グローブをつけ、帽子をかぶって外出していると思います。


しかし、この方法では、上からの紫外線は効果的にカットできますが、地面に当たって反射する紫外線は完全にカットできていません

 

よって、サングラスをかけたり化粧下地やパウダーもUVカットの物を使うようにしてください。


老い」による生理的な自然老化をくい止めることは不可能ですが、紫外線からくる”光老化”は、日常の心がけ次第で極力抑えることができます。


シャツを着るときも、色の濃いシャツの方が、色の薄いシャツよりもより効果的に紫外線をカットします。

 

車の窓ガラスすべてにUV99%カットフィルムを張ります。(車屋さんに相談してください)


皮膚に大敵な紫外線は、どんなに気をつけて防いでいても完璧に遮断することはまず不可能です。

 

大切なことは日常のUVケアによって、このようなダメージを最小限に抑えることです。

 

UVケアは、単に「紫外線を予防すること」にとどまらず、「日焼け後のお手入れ」までを考える必要があります。

 

紫外線予防グッズ まとめ

日傘

日焼け予防グローブ

帽子

サングラス

UVカット 化粧品

色の濃いシャツ

車窓ガラス用 UVカットフィルム



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
コメントは利用できません。

スポンサードリンク

カテゴリー

最新の美容情報一覧▼

ページ上部へ戻る