前回は、【女性ホルモンと『女性らしさ』の関係とは?についてお話しました。

 

2種類の女性ホルモンについてはある程度理解していただけたかと思います。

 

前回も少し触れましたが、女性ホルモンであるエストロゲンが減少することにより、更年期障害が起こります。




更年期とは、ホルモンが減少する年期とは閉経をはさんだ前後約10年間のことをさします。


日本人女性の場合、40代に入ると約5%の女性に生理不順がみられるようになり、約45歳から閉経する人が出始めます。

日本人の平均閉経年齢は50歳と言われていますので、前後10年間である45歳~55歳が更年期と言えます。

 

更年期に閉経が近づくと卵巣のはたらきが急激に低下し、女性ホルモンの一つであるエストロゲンの量が顕著に減少します。

 

それにともなって身体に出てくるさまざまな症状を総称して、更年期症状とよびますが基本的には不定愁訴と呼ばれます。

 

エストロゲンは生殖器への働き以外にも、皮膚血管中枢神経に至るまで幅広い作用があります。

 

女性らしさを保つホルモンが、”エストロゲン”なので、エストロゲンが減少してしまうと体は急激な変化にさらされます。

 

実は、更年期障害というのが一般的に知られるようになったのはまだ最近のことです。

 

一昔前は、平均年齢が短く50歳以上生きる女性はほとんどいませんでしたが、現在は、医学や食事などの進歩により平均寿命が大幅に伸び、その結果、エストロゲンが欠乏した”更年期”を乗り越えなければならなくなりました。

 

実は、『閉経後の人生をどのように心身ともに健康に過ごすか』というのが、現代女性の大きなテーマになっており、最近では、20~30代で更年期障害のような症状を訴えている女性が増加しており、『プチ更年期』『プレ更年期』と呼ばれています。

 

加齢による卵巣の機能の低下以外にも、急激な環境の変化食生活の乱れ、日ごろのストレスなどにより自律神経が乱れた結果、エストロゲンが減少し”更年期様症状”が出現します。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
コメントは利用できません。

スポンサードリンク

カテゴリー

最新の美容情報一覧▼

ページ上部へ戻る