女性ホルモンと『女性らしさ』の関係とは?

人間の体には、女性ホルモンと男性ホルモンが存在しています。

 

女性ホルモンには、主にエストロゲンプロゲステロンの2種類があります。

 

これらは、バストや女性らしい丸みを帯びた体やくびれ、などをはじめとして様々な部分に影響しています。

 

女性ホルモンの分泌は、環境の変化食生活の乱れ日ごろのストレスなどの影響を受けやすく、仮に女性ホルモンの分泌が減ってしまった場合、一番有名なのが更年期障害です。

 

また、バストアップしにくくなったり、肌荒れ、髪の毛の質の低下、生理不順などを引き起こしてしまいます。

 

さらに、女性ホルモンの分泌が著しく減少した場合は、不妊症になってしまうこともあります。

 

エストロゲンは、排卵の準備をする女性ホルモンで、生理の終わりごろ~排卵前に分泌が多くなります

月経や排卵に関係している女性ホルモンなので、排卵が終わってしまうと役割が無くなるので一時的に減少します。

 

著しいストレス激しいスポーツ栄養失調極端なダイエットなどで体内の環境が大きく変わってしまうとエストロゲンの分泌が止まり、その結果、無月経無排卵となることがあるので注意が必要です。

 

エストロゲンは40代半ば頃から急激に減少し、 イライラ不眠月経不順倦怠感などの更年期症状が現れる場合があり、また骨密度も減少してしまうので女性ホルモンを注射してくれる病院もあります。




次にプロゲステロンですが、黄体(排卵後の卵胞)から分泌される女性ホルモンを指します。

 

プロゲステロンは、乳腺を発達させたり、子宮内膜の増殖を促進し、 子宮内に受精卵が着床しやすい環境を作る、排卵を促し妊娠をしやすくする、という役割があります。

 

副作用としては、体内に水分を溜めていくことによる上肢・下肢の浮腫や食欲減退、イライラなどが挙げられます。

 

排卵日後~生理前の浮腫やイライラは、プロゲステロンが関与しているとされています。

 

最後に、女性ホルモンではないのですが成長ホルモンという大切なホルモンが下垂体前葉から分泌されます。

 

成長ホルモンの役割はたくさんありますが、主に骨・筋の成長や脂肪の代謝を促したり、乳腺を形成したり、皮膚の再生を手助けしたりと成長期には欠かすことの出来ない役割がいくつもあります。

 

実は、成長ホルモンが多く分泌される時間帯が判明しています。

 

それは22時~翌2時までの4時間です。

 

この時間帯に睡眠をとっていると成長ホルモンがたくさん分泌されると言われています。肌荒れがなかなか治らない、バストが大きくならないと悩んでいるかたは、一度睡眠習慣を見直してみましょう。

 

今日は、”女性ホルモンと『女性らしさ』の関係”についてお話しました。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
コメントは利用できません。

スポンサードリンク

カテゴリー

最新の美容情報一覧▼

ページ上部へ戻る