埋没法の糸が取れた場合はどうなる?

tommerton2010

二重まぶたの美容整形手術である埋没法は、『糸でまぶたの裏側から留めることにより二重まぶたを形成する手術』で、短時間&低価格&安全という二重まぶたの美容整形の代名詞とも呼べる手術法です。

埋没法は、比較的容易に行える手術である反面、『糸が取れて、一重まぶたに戻ってしまう』というリスクが常にあります。

実は、私も過去に埋没法による両二重まぶたの埋没法をしたことが実際にありますが、糸が取れてしまいました。

せっかく二重まぶたになれたのに、糸が取れてまた一重まぶたに戻ってしまうのは正直嫌ですよね。

そこで、今回は私の経験も交えながら【二重まぶた形成術である埋没法の糸が取れてしまった場合】についてお話したいと思います。


埋没法の特徴と施術内容について

まず、埋没法の特徴とは、どんなものなのでしょうか?

埋没法の特徴は、前述した通り『短時間&低価格&安全』ということです。

メスは一切使用せず、まぶたの裏側から糸(髪の毛よりも細い)を通して縫い合わせることにより、二重まぶたのヒダを形成するため、手術後の痛みはほとんどありません。

ダウンタイムは、個人差がありますが約1ヶ月と言われています。

ただし、まぶたが腫れる場合と腫れない場合があり、施術中に目を閉じようとしたり、力を入れてしまうとまぶたを傷つけてしまい、腫れがひどくなってしまいますので注意しましょう。

料金は、クリニックにより幅があり、安くて19,800円から高くて150,000円以上するクリニックもあります。

施術に使用する糸を特殊なものに変えたり、目頭や目尻まで処置を行う術式などを選択すると料金が高くなります。

私は、まぶたの脂肪が多かったので、取れにくいように糸を特殊なものに変えて、また3年保障を付けて、両目で29,800円だったと思います。

施術時間に関しては、両目で約10分程度と言われており、私の場合は、笑気麻酔を使用させてもらったので笑気麻酔のみで5分~10分程度、その後施術時間は、両目で10分程度でした。

施術までの流れとしては、カウンセリングをしてから執刀医の診察、オリエンテーション(全部で1時間程度)で、その後手術室に移動、笑気麻酔をした後に両まぶたの裏側にそれぞれ4回局所麻酔を打ち、それから糸を通し、2点を結んで終了という流れでした。

施術中の痛みに関してですが、笑気麻酔・局所麻酔をしていましたが少し痛みがあり、まぶたに力が入ってしまったため、術後は少し腫れてしまいました。

いっしょに行った友達は、『痛みは全く無かった』と言っており、腫れはほとんどありませんでした。

ちなみに、カウンセリングから施術終了までは3時間程度で、その日は普通に顔を洗ったりもできます。

 

埋没法の糸は取れることがある?

埋没法の一番のデメリットは、糸が取れてしまうこと

そのため、『埋没法をしたからもう安心。』というわけにはいかないのが現状です。

二重まぶたを形成する埋没法で使用する糸は通常ナイロンの場合が多く、基本的に2点で固定しますが、糸をまぶたに埋没させたからといって、糸が体内に吸収されるわけではありません。

そのため、二重になっているということは、常に糸に負担をかけていることになるので、まぶたが厚い人やよく目をこする人、広い幅で二重まぶたを形成した人に関しては、比較的早い段階で糸がとれてしまうことがあります。

私はまぶたの脂肪が多く、まぶたが分厚かったために約2年ほどで糸が取れてしまいました。

保障は、3年あるのでもう一度埋没法をすることはできたのですが、二重まぶたの期間が2年あったことと、二重まぶたを定着させる方法を続けていたため、二重まぶたの糸が取れても一重まぶたに戻ることはありませんでした。

たいていの人が、もう一度埋没法や脂肪をまぶたの脂肪を切除して埋没法を行ったりしているようで、埋没法だけでは永遠に二重まぶたを定着させることは難しいのが現状です。

 

埋没法は何回できるのか?

埋没法をやり直すということですが、実はそう何度も埋没法を行うことはできません。

なぜなら、埋没法の糸が外れてしまっても、まぶたの中に糸は残っています。

そのため、埋没法をする度に、まぶたの中の糸が増えていくことになりますので、まぶたの負担になってしまったり、不自然な二重まぶたになってしまうことがありますので、埋没法は生涯で3回程度が限度と言われています。

3回以上、糸が外れてしまうということは、もう一度やり直してもまた外れてしまう可能性があるということです。

そういう方は、小さく切開する方法や全切開する方法、まぶたの脂肪を取り除く方法などが勧められます。

以前に比べると、2点埋没法に比べ外れにくい埋没法が増えてきていますが、まだまだ未完成と言えるのではないでしょうか?

もし、埋没法をしようと考えている方や埋没法をした後に、二重まぶたを定着させたい方は下記を実践してみてください。

私のように糸が取れた後も、二重まぶたが定着する確率が大幅に上がります。

ぜひ、一生ものの二重まぶたを手に入れてください▼

二重まぶたを定着させる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
コメントは利用できません。

スポンサードリンク

カテゴリー

最新の美容情報一覧▼

ページ上部へ戻る