全身の永久脱毛をしてもまた生えてくる?【脱毛のよくある誤解について】

女性が怠ってはいけないとされる【ムダ毛処理】。

日ごろから【ムダ毛処理】をしている方は、とくに面倒くさいと感じているはずです。

男性だけではなく、周囲の女性達からも『あの人は常にムダ毛が無く、しっかりと手入れしている』と思われることは当然良いのですが、それと同時に気が抜けず【ムダ毛処理=面倒臭い】という認識の方が多いはずです。

夏場はしっかり、ムダ毛処理している女性でも冬は露出が無く見られる機会はほとんどないからと疎かにしていることもあるでしょうが、男性は女性のムダ毛に非常に敏感なのですぐに気づかれ”ドン引き”されてしまいます。

最近では、手頃にエステやクリニックなどで永久脱毛できることもあり、また家庭で脱毛処理ができる脱毛器がどこででも購入できるため、女性のセルフケアが非常に楽になってきています。

そこで、今回は”全身の永久脱毛をしてもまた生えてくる?【脱毛のよくある誤解について】”というのをテーマに書かせていただきたいと思います。

永久脱毛は”永久”ではない?

まず、永久脱毛の仕組みについてお話します。

永久脱毛では、毛の再生機関である『毛乳頭』や『毛母細胞』を破壊して毛が生えないようにします。

一度、毛乳頭と毛母細胞を破壊すれば二度と再生しないように思うかもしれませんが、これらは破壊しても再び再生します。

つまり、永久脱毛は”永久”ではないのです。

『え?永久脱毛は字のごとく永久じゃないの?』と疑問に思う方も多いでしょう。

なぜ、永久脱毛は”永久”じゃないのに、永久脱毛というのか?

日本医学脱毛協会の見解によれば『2,3年のレーザー脱毛では、6ヶ月~1年以上の発毛抑制効果があり、”永久脱毛”と言っても差し支えない』とのこと。

永久脱毛という紛らわしさで誤解してしまう人も多いことから、最近では、永久減毛や完全脱毛という言葉が使われるようになってきています。

 

永久脱毛はクリニック・エステどこでも受けられるの?

次に、”永久脱毛はどこで受けられるのか”についてですが、そもそも永久脱毛と呼べるのはクリニックの針脱毛、そして医療レーザーのみです。

結論を先に言ってしまうと、エステでは永久脱毛を受けることはできません。

なぜなら永久脱毛は、医療行為で永久脱毛では毛母細胞を破壊することにより新たな毛が生えないようにするからです。

エステでは、医療行為である毛母細胞を破壊することはできませんので、脱毛効果は期待できますが、クリニックで受ける永久脱毛と同様の効果を期待することはできません。

ただし、エステでの脱毛でも何度も毛母細胞にダメージを与えると永久脱毛に近い効果を得ることができます。

これは、ブリーチをする度に髪の毛の色が徐々に抜けていくのをイメージしてもらうとよいです。

 

永久脱毛にはどんな種類があるのか?

永久脱毛には、大きく分けて2種類の方法があります。

まず、一つ目はレーザー脱毛、フラッシュ脱毛のように光の熱を使用する方法です。

永久脱毛の場合は、皮膚下の毛のメラニン色素に反応するような波長に設定し照射することにより、脱毛効果を期待することができます。

二つ目は、最近あまり耳にしなくなった”電気針脱毛(ニードル脱毛)”です。

電気針脱毛では、毛穴に直接針を刺し、毛根の周りの『毛乳頭』、『毛母細胞』に電気を流しその熱で焼いて破壊してしまうという仕組みです。

電気針脱毛では、一本一本脱毛していく時間的問題、そしてそれに伴う痛み、料金の高さが原因なのか、最近では施行するクリニックが激減しているように感じます。

また、最近の主流は明らかにレーザー脱毛で料金も手頃(手頃と言っても高額です。汗)なため、『脱毛=レーザー』と言っても過言ではありません。



脱毛の回数と費用はどのくらい?

最後に脱毛の回数と費用についてお話します。

実は、脱毛に通う回数と費用はよく誤解されている部分でもあります。

例えば、脱毛サロンの広告で『期間限定! 両ワキ+Vライン無料プレゼント』や『まとめて4回以上の申し込みで50%OFF』というようなお得感があるキャンペーンをよく見かけますよね。

キャンペーンだけを見ると非常にお得に見えます。

例えば、全身美容脱毛コース4回以上の申し込みで50%OFFのキャンペーンの場合、

通常6回:252,000円➡126,000円となります。

これをご覧になって『やっぱり、全身脱毛は半額になってもなかなか高額だなぁ』と感じるでしょう。

しかし、この6回が落とし穴なのです。

なぜなら効果を実感するには、最低でも10回以上~24回脱毛のためにクリニックやエステに通う必要があるからです。
※エステの場合は、クリニックの3倍通う必要があります。

10回~24回(期間:2、3年)と幅がある理由としては、
毛の濃さは体質が影響していて個人差がある
個人により脱毛に期待している効果が違う
脱毛に使用する機械が異なる

という3つの理由があります。

仮にAさんという女性がいて、全身脱毛(自己処理をほとんどしなくてよいレベル)を希望している場合、24回の脱毛が必要だったとします。

その際、上記の値段設定で計算すると、例え4回以上の申し込みは50%OFFであっても、252,000円(6回)×4回=1008,000円(24回)

1008,000円(24回)÷2(50%OFF)=504,000円

単純計算でも50万円以上のお金と24回も脱毛に通う時間が必要になってきます。汗

頑張って12万円以上を支払い全身脱毛を受けたのに、その後のカウンセリングで『本格的に全身脱毛するには、まだまだ通う必要があります。』なんて言われることもザラです。

多くの方は6回で全身の永久脱毛ができると考えていると思いますが、そんなことはありませんのでご注意を!!

また、4月から『夏までに全身脱毛したい!』と思っても、たった3ヶ月で全身の永久脱毛はできません。

これも、大きく誤解されるポイントで、毎日ないし、一週間に一度程度の間隔で脱毛に通えるわけではなく、それぞれの部位の毛周期(毛の生え変わりの周期)に合わせて脱毛しなければなりません。

そのため、1回脱毛を行えば、2~3ヶ月は間隔を置かなければいけないので、6回/1セットとしても最低1年間はかかります。

脱毛回数が最高回数の24回であれば、単純計算で4年はかかります

毛が生えなくするには、途方もない時間がかかることがお分かりになったはずです。

何年も同じクリニックやエステに通うことになるので、お得に感じるキャンペーンや広告につられて契約してしまうと後で痛い目を見る可能性がありますので、勢いで決めずしっかり口コミや実績、料金を比較しながら慎重に契約することをおススメします。

 

今回は、全身の永久脱毛をしてもまた生えてくる?【脱毛のよくある誤解】についてお話しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
コメントは利用できません。

スポンサードリンク

カテゴリー

最新の美容情報一覧▼

ページ上部へ戻る