二重まぶたは遺伝が関係している?

二重まぶたは、一重まぶたに比べ顔の印象が良いと思っている方は大勢いるでしょう。

しかし、日本人の8割は、一重まぶたと言われ、二重まぶたになるために努力してもなかなか二重まぶたにならないと悩んでいる方も大勢いらっしゃると思います。

そこで、今回は『二重まぶたと遺伝の関係』についてお話します。

 

関連記事はこちら▼
二重まぶたにならない4つの理由
アイプチに潜む危険
眼瞼下垂って何?
まつ毛を伸ばす方法
アイプチ・アイシールを使っても二重まぶたにならない?
二重まぶたの種類?
埋没法のデメリットについて
周りの友達の中で、純粋な二重まぶたを持っている子は何人いるでしょうか?

約8割の日本人は一重まぶたであるということを考えてもまずほとんどの方が一重まぶたでしょう。

もちろん、純粋な二重まぶたの子、努力して二重まぶたを手に入れた子、美容整形で二重まぶたを手に入れた子など、結果的には2割以上の人が最終的に二重まぶたを手に入れることができます。


二重まぶたと遺伝の関係について

結論から言いますと、遺伝により一重まぶた二重まぶたが決まります。

遺伝の優劣については、

二重まぶた➡優性

一重まぶた➡劣性

つまり、優性遺伝として二重まぶたの子供が生まれるには、二重まぶたの両親が必要になります。

反対に、劣性遺伝として、一重まぶたの子供は一重まぶたの両親から生まれます

 

一重まぶたの親と二重まぶたの親からは、二重まぶたの子供と一重まぶたの子供が生まれる確率は5割です

上記は、あくまで計算上ですので、実際には異なることもあるようです。

 

なぜ日本人は、一重まぶた(オリエンタルアイ)が多いのか?

元はと言えば、モンゴル系ということが大きな要因なのですが、日本人は、結婚する相手のほとんどの人が日本人です。

海外のように、他国の血が混ざらないため、代々一重まぶたを受け継いでしまうことになります。

つまり、日本人の純粋な二重まぶた率を上げるためには、両親が純粋な二重まぶたを持っていることが条件になります。

しかし、今の日本の結婚事情からみると、純粋な二重まぶたを持っている国の人との日本人の間の子供が増えない限り難しいと言えます。

今後は、日本は少子高齢化で人口が減少していくことが懸念されていますので、外国の移住者を増やそうという動きが始まりますので、近い将来、日本人のまぶた事情が良い方に変わるのではないでしょうか?

また、手術をしないで二重まぶたにする人気の超絶テクニックを知りたい方はこちらからどうぞ➡一重をデカ目にする手術しないでパッチリ二重になる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
コメントは利用できません。

スポンサードリンク

カテゴリー

最新の美容情報一覧▼

ページ上部へ戻る