昔から、世界の美の基準は西欧とされ、その綺麗な二重まぶたはアジアでも美しいと敬われています。

最近では、一重まぶたから二重まぶたにするために、アイプチをはじめ、アイシールや様々なアイテムが販売されており、『メザイク』という言葉も若い世代を中心に浸透しています。

また、美容整形の分野でも埋没法などの二重まぶた形成術を手軽に受けられることから、手術を受けられる人がどんどん増えています。

今では、綺麗になるために二重まぶたは絶対条件といっても過言ではありませんし、一重まぶた自体がネガティブなイメージを持ってしまっていることも否めません。

実は、二重まぶたと一言で言っても目の形や二重の幅などにより、いくつかの種類に分けられることをご存じでしょうか?

そこで今回は、”女性が憧れる二重まぶたの種類”についてお話しますので、自分がなりたい二重まぶたを手に入れて下さいね。

関連記事
一重まぶたの魅力・メリットは?
二重まぶたは遺伝が関係している?

二重まぶたにならない4つの理由
アイプチに潜む危険
眼瞼下垂って何?
まつ毛を伸ばす方法
アイプチ・アイシールを使っても二重まぶたにならない?
二重まぶたの種類?
埋没法のデメリットについて

二重まぶたの種類とは?

末広型

女性 二重2

➡字のごとく、目頭から目尻に向かうにつれて二重幅が大きくなる二重のことを指します。

メイクしていない場合でも、綺麗な目に見え日本人に多いのが特徴です。

また、(準)平行型と比べ控えめな印象な末広型二重まぶたは、ナチュラルメイクに合う二重まぶたとして人気があります。

 

(準)平行型

外人 まぶた

➡世界の二重まぶたの中で一番多いのが、この平行型です。

平行型は、目頭から目尻までの二重の幅がほぼ一定の幅のですが、人それぞれ二重の幅に差があります。

日本人には少なく西欧人や欧米人に多いのが特徴で、幅の広い平行型二重まぶたは、外国人特有の二重まぶたの種類であると言えます。

また、幅の広い平行型二重まぶたをした日本人は、ハーフっぽく見えることから大変人気がある二重まぶたの種類になります。

 

奥二重型

高校生 顔

➡二重の幅が狭く、まぶたの奥にあるため奥二重型と呼ばれています。

実は、よく観察すると奥二重まぶたなのに、自分は一重まぶただと勘違いしている方も多く、日本人も比較的奥二重まぶたが多いと言われています。

目をうっすら開けたときに、まぶたにうっすらでもラインが入っていれば、奥二重型の可能性が高いです。

また、メイクの仕方により普通の二重まぶたに見えるようにすることもでき、またナチュラル二重まぶたになる可能性も高いといえます。

 

いかがだったでしょうか?

今回は、『三種類の二重まぶた』について簡単にご紹介しました。

また、手術をしないで二重まぶたにする人気の超絶テクニックを知りたい方はこちらからどうぞ➡一重をデカ目にする手術しないでパッチリ二重になる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
コメントは利用できません。

スポンサードリンク

カテゴリー

最新の美容情報一覧▼

ページ上部へ戻る