二重まぶたにならない4つの理由

仲の良い友達は、綺麗な二重まぶたなのに、自分はいつまで経っても地味な一重まぶたで嫌になる。

そう思っている方はいませんか?

実は、正しい方法でケアをすればかなりの高確率で二重まぶたを手に入れることができます。

しかし、まずはなぜ二重まぶたにならないのかを知っておきましょう。まぶたが二重まぶたにならない理由はたくさんあります。

その中で、今日は比較的大きな要因を4つご紹介します。

 

『二重まぶたにならない』

『二重まぶたが定着しない』

美を求めるのは、女性として当然です。

もし、二重まぶた形成術などの手術無しで自然に二重まぶたを手に入れたいと強く望んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

 

まぶたが浮腫(むく)んでいる

まぶたの水分量が多い場合は、二重まぶたを作るためのラインが皮膚に入りにくいため、アイプチやアイテープを使っていても一時的に二重まぶたになるだけで持続性はありません。

そのため、まぶたのむくみを改善していかなければなりません。

ただし、まぶたのむくみを取り除くだけでなく、日々の生活習慣の改善で、むくみ体質から脱出する必要があります。

 

まぶたの脂肪量が多い

二重まぶたになるには、まぶたに二重まぶたラインが必要なことは先ほどお話しましたが、実はむくみだけでなく脂肪量がまぶたに多い場合も同じことが言えます。

脂肪でまぶたが重ければ、二重まぶたのラインのシワがなかなか入りません。まぶたの脂肪を少しづつ燃焼していく必要があります。

 

二重まぶたマッサージや二重まぶた形成ケアを行っていない

ある日、朝起きたら一重まぶたが綺麗な二重まぶたに変わっていたという人は実はたくさんいらっしゃいます。

しかし、それを夢見て待っていても残念ながら時間の無駄です。

二重まぶたマッサージや二重まぶた形成ケアを実施している人のほうが何もしていない人に比べ圧倒的に自然な二重まぶたになる可能性が高いです。

たしかに、二重まぶたマッサージや二重まぶた形成ケアは面倒臭いかもしれませんが、1%でも二重まぶたになる可能性があるならぜひ毎日小まめに行いましょう。

 

二重まぶたのキープに必要な筋肉を使っていない

二重まぶたになるためには、目の周囲筋に意識を集中し、 二重まぶたの状態の筋肉の使い方を覚え、それを持続させなければなりません。

これは”二重になるため”に、そして、”二重まぶたを維持する”のにとても重要になります。

 

今日は、二重まぶたにならない4つの理由をお話しました。

また、手術をしないで二重まぶたにする人気の超絶テクニックを知りたい方はこちらからどうぞ➡一重をデカ目にする手術しないでパッチリ二重になる方法




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
コメントは利用できません。

スポンサードリンク

カテゴリー

最新の美容情報一覧▼

ページ上部へ戻る