乾燥すると【しわ】が増える?

紫外線を浴びると肌の老化を招いてしまい結果的に、しわが増えることをご説明しました。

紫外線予防について
紫外線の種類について

 

しわになる原因は、紫外線以外にもあり、乾燥がその一つだと言われています。肌が乾燥するとうるおいがなくなって、肌の表面がカサカサになり、細かく見えないほどのしわちりめんじわ)ができ始めます。

 

最初のうちは、毎日鏡を見ている自分でも気がつかないほどの小さなしわですが、徐々にしわとしわが結びついていき太くなってはっきりとしわになってしまいます。

 

長い時間をかけて出来たしわを消すことは本当に難しく、乾燥肌の人は20代前半から細かいちりめんじわが出来始めるため、しわを作らないためには、20代から乾燥対策のスキンケアを始める必要があります。

 

乾燥によるしわを予防するために一番大切なことは保湿です。

 

特に秋から冬にかけては、空気が乾燥するので部屋の湿度を下げないようにしましょう。

 

加湿器を使うのもいいですし、洗濯物を室内に干すことも効果的です。

 

またフェイスミストを持ち歩いて、乾燥が気になったらまめにシュッと吹きかけるのもいいでしょう。

 

保湿力に優れている化粧水をスプレーボトルに入れて持ち歩く場合は、出来る限りスプレーの霧が細かいものを選びましょう。

 

霧の粒子が大きいと、水滴になってしまい女性の場合だと化粧くずれする可能性があります。

 

スキンケアでは保湿成分の【セラミド】や【ヒアルロン酸】などを多く含むものや、手や足の乾燥がひどい場合は【ワセリン】ヤ【ケラチナミン(尿素)】などの入ったローションなどがオススメです。

 

皮脂の分泌が少なくカサカサしたり、粉をふいたり、ひび割れてしまった場合にガイドは、【スクワラン(深海ザメの肝油成分)】【アスタキサンチン(サケ・イクラ・カニの甲羅・海藻などに含まれる成分)】【馬油】などを使います。女性の年齢は、顔だけではなく首や手にも表れるので、乾燥する季節の期間だけでも徹底したスキンケアを心がけましょう。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
コメントは利用できません。

スポンサードリンク

カテゴリー

最新の美容情報一覧▼

ページ上部へ戻る