前回は、『胸にしこり?【乳がんについて】』をご覧いただきました。

今回は、前回に引き続き”乳がんの治療”についてお話したいと思います。

基本的に、現在の乳がんの治療は、乳房内にできたがんを取り除く手術と放射線治療抗がん剤治療ホルモン療法などが行われます。

 

外科的治療

外科的治療とは、手術のことです。

がんの種類やがんが発生した部位、進行度などにより手術を行うか否かが判断されます。

手術を行うことになった場合は、極力小さな範囲でがんを取り除きます。

というのも、一昔前は、乳房を大きく切除することにより、再発を防ぐ生存率を高めるハルステッド法という手術(乳房、皮膚、大胸筋、小胸筋、腋窩リンパ節を摘出)が推奨されていました。

というのも、がんが目に見えないほど小さく浸潤している場合に、目に見えているがんを取り除いても乳房内でがんが再発したり、転移している場合が考えられるからです。

そのリスクを考え、最初から大きく乳房とその周囲を摘出するというのが以前の考えでした。

しかし、ハルステッド法を行ったとしても患者の生存率に大きな影響がないということが浸透し始め、それ以降、極力乳房やその周囲の組織を残しながら、がんの再発や転移のリスクを抑える治療が進んでいます。

出来るだけ組織を残す手術は、胸筋温存乳房切除術乳房温存手術が一般的で、最近では患者の希望により乳房切除後に形成手術を施す乳房再建術も行われる場合があります。

 

放射線治療(x線)

がんの治療において、放射線治療はがんの3大治療の一つとして様々な医療現場で使用されています。

もちろん、乳がんもその対象とされており、局所治療でがん細胞やその周囲のみを治療するということもあり、外科的治療や抗がん剤治療と比較し体に与えるダメージが小さいことが大きな特徴となります。

乳がんは、比較的放射線の効果が現れやすいとされており、乳房温存療法において放射線を用いることが増加したようです。

放射線治療は、小さく目に見えないほどの微小ながん細胞を叩く(殺傷)ことができ、外科的手術でがん細胞を摘出した後、再発や転移のリスクを出来る限り抑えるために使用されます。

あるデータでは、放射線治療(X線)により約30%の乳房内の再発を約10%に減少できると言われています。


放射線治療の副作用

放射線治療の副作用は、基本的に照射した部位に限られます。

放射線治療後、数か月間に最も多い副作用としては、皮膚の炎症(日焼け後のような炎症)や肌の状態の変化(かさかさしたり、黒ずんだり、かゆみがある)、倦怠感です。

一般的に知られている髪の毛が抜け落ちることはなく、吐き気や白血球減少などもほとんどありません。

よく放射線治療における痛みや苦痛を心配している方がいますが、放射線の照射中に痛みや熱さを感じることはありません。

また、放射線照射後は、体に放射線が残存することはありませんので、家族や周辺の方へ何らかの影響が出ることはありません。

 

化学療法(=抗がん際)

化学療法は、全身的な治療で、血液やリンパ管に乗り全身に散らばってしまった(転移)がん細胞を直接、間接的に薬で叩く治療法です。

現在では広く知られていますが、抗がん剤は、癌細胞を正常な細胞も含め攻撃するため、脱毛白血球減少などの副作用があります。

この副作用の出る理由は、『細胞分裂が早い細胞を攻撃する』という抗がん剤の特性が関係しており、がん細胞は正常な細胞に比べ、細胞分裂が早いため抗がん剤の攻撃対象になります。

しかし、正常細胞の中で細胞分裂が早い骨髄細胞毛髪細胞も同時に攻撃対象となってしまいます。

そのため、それに関係した副作用が出現します。

また、最もよく見られる吐き気・嘔吐という副作用に関しては、消化管や血管内に毒性の強い抗がん剤が侵入してくると、体外に排出させるよう防御反応が起こるためとされます。

乳がんは、比較的抗がん剤の治療効果が高いとされますので、主治医とよく相談し抗がん剤を使用するか検討しましょう。


ホルモン療法

ホルモン療法(内分泌療法)は、手術後の初期治療に用いられることがあります。
ホルモン療法は、血液やリンパ管を通して全身に散らばってしまった、微小のがん細胞が増えるのを抑え、再発・転移を予防する全身的治療です。

ホルモン依存性乳がん(ホルモンレセプターのある乳がん)に対し、ホルモン療法の効果が期待できます。

自宅でがんに対処する最新食事法はこちら
【荒木式】がん対策プログラム(元ハーバード大学准教授が考案した画期的な食事法)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
コメントは利用できません。

スポンサードリンク

カテゴリー

最新の美容情報一覧▼

ページ上部へ戻る