一度垂れたバストは戻らない?

今回は、女性は誰もが一度は考える”胸が垂れる”ということについてお話したいと思います。

お肌と同様、加齢とともにバストもハリやツヤが無くなり、垂れていきます。

何歳になっても綺麗でいたいのは、皆さん同じ気持ちだと思います。

バストは、皮下脂肪乳腺繊維脂肪繊維クーパー靭帯大胸筋などで構成されています。

バストが垂れる一番の原因、それは




クーパー靭帯の緩みなんです。

乳房 画像

 

クーパー靭帯とは、上記の図のようにバストと一番色の濃い部分(大胸筋)とを結ぶ靭帯です。

このクーパー靭帯は、乳腺繊維を支えています。

歳を重ねていく上で、このクーパー繊維が緩んでしまった結果、バストが垂れるのです。

バストが垂れる原因はお分かりになったと思います。

では、なぜクーパー靭帯が緩んでしまうのでしょうか?

そもそも靭帯は、筋肉のように伸びたり、縮んだりすることはできません。

なので、一度伸びてしまったり切れてしまった場合は、再び元に戻ることはありません。

 

クーパー繊維が伸びてしまう原因は、

①バストが大きい

②スポーツなどでバストを揺らしてしまう

③ブラが合っていない

上記のような理由などです。最近では、バストが垂れることを防止するブラが売られていますので、それらを使うこともおススメです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
コメントは利用できません。

スポンサードリンク

カテゴリー

最新の美容情報一覧▼

ページ上部へ戻る