ニキビの種類について【ニキビ跡を残さないために】

一言でニキビと言ってもその状態は様々です。

ニキビは、その進行度合いによりいくつかの種類に分類することができます。

ここでは、ニキビの種類を色でご説明します。

 

●ニキビの初期段階➜白ニキビ・黒ニキビ

●ニキビの中期➜ニキビ

●ニキビの後期➜ニキビ

 

白ニキビ・黒ニキビ

角質が硬くなると毛穴の入口が狭まり、うぶ毛を伝って皮膚表面に出るはずの皮脂が、毛穴の中に溜まっていき、コメド(面皰:めんぽう)と呼ばれる塊になります。
指先でさわるとかすかに分かる程度の膨らみで、特に肌に赤みなどの症状が無い状態が、ニキビの初期段階です。

ニキビを潰すと、毛穴から白色や少し黄色がかった粘り気のある皮脂が出てきます。

これが、前述したコメドになります。

ニキビの初期段階では、白色でまだ毛孔が開いていない状態になり、これを白ニキビと言います。

白ニキビから症状が進むと毛穴の中に溜まっていたコメドが皮膚表面に顔を出しますが、汚れが付着したり、コメドが酸化したりすることにより、黒く変色します。

これを黒ニキビと言います。

肌が黒い方は目立ちにくいですが、肌が色白であれば黒ニキビは、小さいホクロのように目立ってしまいます。

一つ押さえておきたいのは、白ニキビ・黒ニキビとも炎症は起きていないことです。

よく、美容アイテムで白ニキビ・黒ニキビを押し出すアイテムがありますが、上手にコメドを押し出すことができれば、跡にならずに済む場合があります。

 

 

ニキビ

赤ニキビとは、白ニキビ・黒ニキビをそのままにしておいて炎症が起きてしまった状態のニキビです

赤ニキビの治療としては、抗生物質が効果的になります。

アクネ菌が皮脂を栄養源にして増殖することにより、肌に炎症が起きてしまいます。

こう説明すると、アクネ菌が体に害を及ぼす菌だと誤解を与えそうですが、元々アクネ菌は、誰もが肌に持っている菌で、肌表面のバランスを正常に保つことに欠かせない菌です。

アクネ菌は、毛穴の奥で生きていますが、皮脂を栄養源にして増殖してしまうとニキビを悪化させてしまうので、炎症を抑える薬をもらうため、皮膚科の受診をおすすめします。気になって不潔な手で触っていると炎症がひどくなる場合がありますし、目立つからと言ってつぶしたりすると跡になって残る場合がありますので注意してください。

 

 

ニキビ

赤ニキビの状態で、手で触るなどして炎症が治まらずに反対にひどくなってしまった場合は、ニキビに膿が溜まります。基本的には、このニキビが最も悪質で治ったあとも、色素沈着を起こしたり、凸凹跡になりやすいニキビになります。

以上、ニキビの種類を進行段階の順にご説明しました。

よくいう『ニキビには、潰して良いニキビと潰したらいけないニキビがある』という、潰して良いニキビとは、白ニキビ・黒ニキビのことであり、ニキビは潰してはいけないニキビということになります。

ニキビ跡を残さないためにも、しっかりスキンケアを心掛けましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
コメントは利用できません。

スポンサードリンク

カテゴリー

最新の美容情報一覧▼

ページ上部へ戻る