ニキビと言えば、思春期の男の子・女の子が悩でいるイメージが強いですが、最近は大人のニキビという言葉をよく耳にするようになりました。

実はニキビは、『尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)』という立派な皮膚の病気です。

『ニキビぐらい放っておけばいい』と安易に考えてしまうと、後々、痕が残ってしまうこともありますので適切なケア、治療が必要になります。

ニキビ痕が残って後悔しないためにも、ニキビの種類やできるメカニズムを知っておきましょう。

 

ニキビの原因は?

ニキビには、様々な原因があるとされています。それは、思春期の頃にできるニキビも、成人した後にできる大人ニキビも同じことが言えます。

ニキビになる第一の原因としては、穴の入口が何らかの理由で詰まってしまう事によるものです。

例えば、皮脂が毛穴の入り口に詰まるとニキビになることがあるのですが、ニキビができやすい部分としては、皮脂分泌が活発な顔、胸、背中が挙げられます。

顔、胸、背中の皮脂の分泌が活発となり、脂性(脂っぽい)になることでニキビができ始めます。
では、皮脂の分泌が活発になる原因は何なのでしょうか?

 

皮脂の分泌が活発になる原因は?

 

①成長ホルモンの影響
思春期や何らかの影響で成長ホルモンの分泌量が増加します。

Tゾーンは、皮脂分泌が増えるとニキビができやすくなると言われています。

 

②男性ホルモンの影響
男性ホルモンと聞くと、男性のみに分泌されるイメージがありますが、女性にも男性ホルモンは分泌されています。

なぜ、男性ホルモンが皮脂の分泌に関わっているのかについてですが、男性ホルモンは、皮脂分泌を活発にさせ、さらに皮膚の角化を促す働きがあるためニキビができてしまいます。

 

③ストレス
ストレスも実は、男性ホルモンの分泌に関与していることが分かっています。

ストレスが直接ニキビを作るということも否定はできないのですが、日常生活で極度の緊張、継続的なストレス、疲労、睡眠不足を起こすことにより、自律神経に支障をきたします。

自律神経である交換神経と副交感神経のバランスが崩れると、脳下垂体から副腎皮質ホルモンが多量に分泌され、副腎皮質からの男性ホルモンの分泌が高まった結果、皮脂の分泌量が増加してしまいます。


④黄体ホルモンの影響
黄体ホルモンは、皮脂分泌の作用がありますが、生理前は、この黄体ホルモンの分泌によって、ニキビができやすくなり、すでにできているニキビも悪化する傾向にあります。

毛穴が詰まってしまう原因は?

皮脂の分泌が増えることで毛穴を詰まらせてしまう以外にも毛穴が詰まってしまうことがあります。

ターンオーバー(新陳代謝)の低下やホルモンの影響等で肌の表面が硬くなることにより、毛穴が詰まってしまいます。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
コメントは利用できません。

スポンサードリンク

カテゴリー

最新の美容情報一覧▼

ページ上部へ戻る