アメリカ食品医薬品局(FDA)は6月16日、『一般的に安全とは認められない』との理由から、マーガリンをはじめとするトランス脂肪酸食品への使用に関する規制をさらに強め、2018年以降原則禁止とすることを発表しました。

トランス脂肪酸って耳にしたことはあるけど、詳しく知らない』

という方も非常に多いと思います。

そこで、今回はトランス脂肪酸食品への使用がなぜ規制されるのかをご説明していきたいと思います。




トランス脂肪酸とは?

➡トランス脂肪酸は、不飽和脂肪酸から飽和脂肪酸を製造する過程で生じる有害な脂肪酸です。

トランス脂肪酸が含まれる食品は、主にマーガリンファットスプレッドショートニングなどの加工油脂をはじめ、の肉や乳製品にも微量ながら含まれています。

最もトランス脂肪酸が含まれている食品は、ショートニング(13.6g)で、次がマーガリン・ファットスプレッド(7.0g)です。

 

トランス脂肪酸の体への影響について

➡トランス脂肪酸は、なぜ危険と言われているのでしょうか?

トランス脂肪酸は、LDLコレステロール(悪玉)を増やし、HDLコレステロール(善玉)を減らすことが確認されており、それにより、メタボリックシンドローム糖尿病などの生活習慣病のリスクを高め、冠動脈疾患アレルギー疾患の発症・増悪が指摘されています。

 

日本はトランス脂肪酸を規制しない?

➡冒頭でアメリカ食品医薬品局(FDA)が、トランス脂肪酸を規制する方向で動いているとお伝えしました。

アメリカが規制するなら日本も同様の動きがある、と思うでしょうが、実は日本においては食品安全委員会が『諸外国に比べ日本人のトランス脂肪酸の摂取量が少ないため、規制の必要はない』と驚きの見解を発表しています。

世界保健機関 (WHO)はトランス脂肪酸の摂取量を、総エネルギー摂取量の1%未満とするように勧告しています。

しかし、実際にコンビニエンスストアなどで販売されているスナック菓子などにはおおよそ1g以上、内容量が90g~100gの菓子パン一個には4g以上、ファストフード店などのポテトフライMサイズには3g以上のトランス脂肪酸が含まれているといわれています。

上記のような食品を日常的によく食べている方にとっては、WHOの基準を大きく超えている可能性があり、日本は国民の健康を第一に考えるのであれば、アメリカ同様にトランス脂肪酸を規制するべきです。

なぜ、日本がトランス脂肪酸を規制しないかは、アメリカ人と日本人の死因の違いによるものではないでしょうか?

アメリカ人の死因トップ3
1:心疾患
2:悪性新生物
3:肺疾患

日本人の死因トップ3
1:悪性新生物
2:心疾患
3:脳血管障害

トランス脂肪酸は、心疾患のリスクを上昇させることが大きな問題とされており、アメリカ人の死因第一位である心疾患の背景には食生活(トランス脂肪酸)があるとされています。

しかし、日本人においては心疾患は死因第2位なので、そこまでトランス脂肪酸による影響があるとは言えないというのが政府の見解なのでしょう。

日本人だからと言って、すべての人が米を食べているわけではありません。

特に、昔と違ってジャンクフードやパン食文化も浸透してきているので、今後トランス脂肪酸による影響が表面化してくることは十分考えられます。

自分の健康は自分で守るという意識をしっかり持ち、極力トランス脂肪酸が含まれている食品を口にしないよう心がけましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
コメントは利用できません。

スポンサードリンク

カテゴリー

最新の美容情報一覧▼

ページ上部へ戻る