デリケートゾーンの黒ずみの原因は?

デリケートゾーンの黒ずみが、コンプレックスだという女性はたくさんいます。

女性にとってデリケートゾーンはいつまでも綺麗にしたいもの。

 

では、気になるデリケートゾーン黒ずみの原因は何なのでしょうか?

デリケートゾーンの黒ずみの一番の原因は、メラニン色素によるものなんです。

 

さらに、人種・遺伝子・年齢によりメラニン色素の生成・沈着が異なるということです。

メラニン色素の沈着は、人により差があるので自分と他人を比較する必要はありません。

また、日本人を含む東洋人は、白人と比較してメラニン色素が多いです。

ですが、日々のケアを心がけることで黒ずみを予防・改善できると言われています。

 

メラニンが生成する原因は、主に紫外線、そして外的刺激だと言われています。

紫外線を浴びたり、刺激を与えたりすることにより、肌を守るためにメラニン色素を生成し結果的に黒ずんでしまうということです。

例えば、外出する際は夏でも冬でも必ず紫外線対策を施す、肌に外的刺激をできるだけ与えないようにしましょう。

 

また、メラニン以外の黒ずみの原因としては、

①加齢

②ホルモンバランスの異常

③ターンオーバー(新陳代謝)の低下

④肌に合わないディクリーム・ボディーソープなど使用

⑤おりものシート・ナプキンが原因によるかぶれや皮膚トラブル

⑥トイレットペーパ-による刺激

 

などが挙げられます。



また、継続的な刺激が肌に加わっている場合は、摩擦黒皮症になることもありますので注意が必要です。

摩擦黒皮症とは、皮膚が継続的に刺激を受けている場合に、肌を守るために生成されたメラニンが真皮層まで入ってしまうことにより黒ずみが沈着することを言います。

 

つまり、継続的に刺激を与えている因子を取り除く必要があります。

下着や使用しているボディクリーム、ボディーソープ、おりものシート・ナプキン、トイレットペーパーなどきちんと自分に合っているか、この機会に見直してみましょう。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
コメントは利用できません。

スポンサードリンク

カテゴリー

最新の美容情報一覧▼

ページ上部へ戻る