サプリメントと言えば、健康食品の代名詞ですよね。

最近では、様々な栄養成分を健康食品にした健康食品は、通販ショップやドラッグストアなどで手軽に手に入ります。

薬と違い、医師の処方箋など必要なく、薬よりも手軽に飲めることから1度でも購入したことのある方は多いのではないでしょうか?

今日は、そんなサプリメントの効果についてお話していきたい思います。




国民1人当たりの平均購入額は2万7176円?

調査会社インテージの調査の結果、2014年度の健康食品・サプリメント市場規模は1兆5000億円を以上であり、国民一人当たりの平均購入額は2万7176円でした。

4月には機能性表示食品制度が始まったこともあり、市場拡大は加速すると考えられ、17年度には2兆円を超えると言われており、今後はさらに健康食品市場が大きくあることが予想されます。

私自身、いくつもサプリメントを飲んでいた過去があり、体の調子が優れないと薬よりもサプリメントに頼っていました。

もちろん、効果を実感できるものから全く実感できないものなど、様々でした。

『サプリメントって効果は本当にあるの?』と思っている方は非常に多いでしょう。

そこで、サプリメントとは何なのかをご説明していきます。

 

サプリメントって何?

体の体調が優れなかったり、ダイエットやアンチエイジングなどを行う場合は、それらの補助食品として『サプリメント』や『健康食品』を使うことを真っ先に思い浮かべるかもしれません。

では、なぜ『薬』というものがあるにも関わらず、『サプリメント』が売れるのでしょうか?

 

①食事から栄養素を摂らないため、簡単に栄養素を補給できる

②医師の診断書が必要ないため気軽に購入できる

上記の2点がサプリメント購入を後押ししているものと考えられます。

しかし、サプリメントには効果・効能が無いものもたくさんあると言われており、医師や薬剤師はサプリメントに対しネガティブな意見を持つ方が多くいます。

 

サプリメントは効果が無い?

サプリメントでは、ビタミン・ミネラル・アミノ酸などベーシックで効果が認められているものもたしかにありますが、サプリメントとして売り出されている成分には、薬として製品化しようとしたときに、効果が立証できなったものが多くあります。

つまり、効果を客観的に証明することができなかったため、薬からサプリメントへとグレードダウンして販売されたというわけです。

例えば、関節痛に効果があるといわれるコラーゲンコンドロイチングルコサミンをはじめ、女性ホルモンの分泌量を整えるといわれる大豆イソフラボン、男性を元気にするために有効といわれるノコギリヤシマカ、肌荒れ対策としてビタミンB群およびE、アンチエイジングに有効といわれるコエンザイムQ10、ダイエットに効果的と言われている酵素酵母など、さまざまな製品が発売されています。

では、大人気のコエンザイムQ10を例にとってみます。

 

コエンザイムQ10は、ユビキノンと呼ばれるビタミン様物質で、コエンザイムQ10は体内のエネルギー生産に関わる補酵素で、細胞内でのエネルギー生産全てに関わっています。

効果としては、コエンザイムQ10(CoQ10)の効果は心筋梗塞や心不全・狭心症・糖尿病・高血圧の予防および改善、動脈硬化・ガン・生活習慣病の予防、脂肪燃焼効果など挙げればキリがありません。

その中で一番期待された効果が、心臓病の治療効果です。

コエンザイムQ10は、元々心臓病の治療薬として研究が進められ、実際に薬となり、臨床で使われてきました。

しかし、現在は心臓病の治療効果はほぼ否定されている状況で、アメリカ、日本では医療現場での使用はほとんどありません。

臨床での効果が否定されているにも関わらず、コエンザイムQ10というキーワードはよく見かけます。

それは、健康食品としてよく売れているからであり、健康食品であれば、効果を保障する必要はないからです。

テレビやCMで健康食品が売られているときに、必ず『あくまで個人の感じ方であり、効果を保障するものではありません』というような文言が書かれています。

効果を保障できないものを売っているのもおかしいですが、それを買った場合、効果が無くても当然、文句は言えません。

 

サプリメントは体に悪い?

サプリメントは、効果が無い可能性が高いだけではありません。

実は、日本にあるサプリメントは、ほとんどが合成サプリメントであり、さまざまな添加物が使われています。

そもそも、ビタミンや葉酸を抽出するのに、天然由来ではなく石油由来で抽出しているため、体に有害です。

また、サプリメントを形づくる『腑形剤』、錠剤を固めるための『結合剤』、成分を体内で吸収されやすくする『崩壊剤』、錠剤を飲みやすくするための『滑沢剤』などがあり、これらの添加物は肝臓に蓄積されるとされており、体に負担をかけることが危惧されています。

このように、『健康食品』という名前だけを見れば、体に良さそうに感じますが、本当に体に良いものを見つけるには、健康食品に関する知識が無ければ、逆効果になってしまうこともありますので気をつけましょう。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
コメントは利用できません。

スポンサードリンク

カテゴリー

最新の美容情報一覧▼

ページ上部へ戻る