アンチエイジングとは、抗加齢医学・抗老化医学であり、老化を防ぐために行う行為の総称です。

一般的に、運動生理学をはじめ、栄養学・補助栄養学・東洋医学・美容外科・美容皮膚科・エステ・アロマ・ハーブ、代替補完医学など多岐に渡ります。

老化を防ぐためのケア以前に老化の原因とは何なのでしょうか?

 

以前、紫外線予防についてという記事を書かせていただきましたが、紫外線がシミ・しわをはじめとする老化現象を引き起こしていることが研究により明らかになっています。

そして、もう一つ老化の大きな原因として『高血糖』が挙げられます。

このメカニズムですが、高血糖が体のタンパク質を糖化させてしまうことで、タンパク質本来の働きを損なうことで老化現象を促進、さらに糖化反応により生じたフリーラジカルにより身体が酸化し、老化が進行するとされています。

例えば、コラーゲンが糖化することにより肌のハリや弾力を失います。

老人に多い、皮膚の変色骨の強度の低下は、糖化やメイラード反応の結果起こった老化現象といえます。

極端な言い方をすれば、食事をすればするほど寿命は短くなるということであり、糖尿病になると男性で10年、女性で15年の寿命短縮が起こりうるとされています。

アンチエイジングの関連学会としては、日本抗加齢医学会、日本メイラード学会、日本統合医療美容学会、日本抗加齢美容医療学会などがあります。

近年では、様々なアンチエイジングが提唱されており、美魔女なる言葉も誕生するほどです。

特に女性は、一生美しさを保持したいという思いが強く、食事・スキンケア・運動などあらゆる手段を試している方も大勢いるでしょう。

アンチエイジングを1日でも早く始めることで老化現象を抑制し、若返りましょう♪



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
コメントは利用できません。

スポンサードリンク

カテゴリー

最新の美容情報一覧▼

ページ上部へ戻る