アイプチ・アイシールを使っても二重まぶたにならない?

アジアの女性、特に中国、韓国、日本では、西欧の美に対する意識が強く、その代名詞とも言える二重まぶたには、並々ならぬ憧れがあるように感じます。

世界の美の基準が西欧や北欧とされていますので、二重まぶたへの憧れが強いのも当然なのですが、一重まぶたに関しては、世界的に見るとごく少数派であり、モンゴル系中国系朝鮮系の人達が一重まぶたに当たります。

しかし、一重まぶたは、希少価値という観点から一重まぶたは貴重とされており、一重まぶたはセクシーだと考える方も多いと聞きます。

 

一重まぶたはオリエンタルアイと呼ばれている?

ちなみに海外では、一重まぶたは”オリエンタルアイ”と呼ばれており、一重まぶたでも美人な方もかなり大勢いますので、一概に二重まぶただから良い、一重まぶただから良くないとは言えません。

二重まぶたでは、二重ラインのシワがまぶたに付いていますよね?

目を開けるとこのラインで皮膚が折れ曲がり二重まぶたになります。

それゆえ、”二重ライン”を付ければ二重まぶたを手に入れられると考えている方が多いのではないでしょうか?

 

二重まぶたの構造は?

二重まぶたの構造ですが、実は、ラインが付いているからではなく、まぶたを持ち上げる”眼瞼挙筋”という筋肉が、まぶたの皮膚にくっついている(癒着)ので、その筋肉が働き、目を開けたときにその皮膚が引っ張られ二重まぶたになるのです。

その癒着する部分が下の方にあると”奥二重”ですし、筋肉が皮膚に癒着していないと”一重”になります。

毎日アイプチやアイシールを使ってもなかなか二重まぶたにならないのは、どんなに頑張っても筋肉が皮膚に癒着することがないからに他なりません。

なので、そういう方はアイプチやアイシールを長年使っていても二重まぶたにならない方は、アイプチ、アイシール以外のアプローチ方法を考えていきましょう。

また、手術をしないで二重まぶたにする人気の超絶テクニックを知りたい方はこちらからどうぞ➡一重をデカ目にする手術しないでパッチリ二重になる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
コメントは利用できません。

スポンサードリンク

カテゴリー

最新の美容情報一覧▼

ページ上部へ戻る