なぜアトピー治療の主流がステロイド外用薬なのか?

Skley

2011年時点の患者数調査では、『日本のアトピー性皮膚炎患者数は369,000人』ということが報告されています。

日本からアトピー性皮膚炎の患者がいなくなるのはまだまだ遠い話かもしれません。

実際、一度アトピー性皮膚炎にかかると病院に行っても治らず、慢性化して大人になってからも皮膚科に通っている方が大勢います。

アトピー性皮膚炎が完治しないためか、『アトピーは不治の病』だという人までいる始末。

一体、アトピー性皮膚炎が”簡単に治る突発的な皮膚炎”と認識され、治療方法が見直されるのはいつになるのでしょうか?

そこで、今回は【なぜアトピー治療の主流がステロイド外用薬なのか?】をテーマにお話したいと思います。

関連記事▼
アトピー性皮膚炎の原因と診断基準は?
アトピー性皮膚炎にステロイド外用薬は有効か?【効果と副作用】
アトピー性皮膚炎の脱ステロイドとは?【リバウンド症状と期間】

保湿剤はアトピー性皮膚炎を悪化させる!?『接触性皮膚炎について』
花粉症やアトピー、アレルギーの原因と解消法について
なぜアトピー治療の主流がステロイド外用薬なのか?
簡単にできるアトピー性皮膚炎の解消方法とポイントは?





アトピー患者のよくある思い込み

先ほども言いましたが、アトピー性皮膚炎を患っている方は、何年~何十年とアトピーと付き合っています。

その際、色んな治療法を試したり、様々なステロイド、ドクターズコスメを使った方など、皆さんそれぞれ自分なりにアトピーを克服しようと努力してきたことでしょう。

実は、そんなアトピー性皮膚炎と長年付き合ってきた方に多いのが『アトピーを治すには何かしなくちゃいけない』という”思い込み”です。

この思い込みの原因は、今まで訪れた病院で薬を処方されたり、アトピーを治すためのアドバイスなどをもらうことが多かったため、『アトピーが治るかどうかは医者が出す薬によって決まる』『医者に治してもらう』という受動的な姿勢が影響しています。

残念ながら、アトピーを治すのは患者さんの”自然治癒力”の他なく、アトピーを治せる薬は、今のところ世界中を探してもありません。

耳を塞ぎたくなりますが、アトピーを完治させるには脱ステロイドに踏み切って、リバウンドというアトピーの激悪化を乗り越え、ステロイド・保湿剤依存性皮膚症を克服しなければなりません

それは、医者や家族が代わってくれるわけではありません。

そのリバウントがどうしても嫌というのなら、ステロイドのレベルや頻度・量を徐々に上げながら症状を抑えるしかないのが現状なのです。

 

なぜステロイド治療が主流なのか?

当サイトの『アトピー性皮膚炎』に関する記事では、ステロイド外用薬を止めることを推奨しています。

しかし、アトピー性皮膚炎の治療でステロイド外用薬主流なのはなぜなのでしょうか?

それは、現在の日本のガイドラインでは『ステロイドはアトピー性皮膚炎の炎症を十分に鎮静しうる薬剤で、その有効性と安全性が科学的に立証されている』と記述されているからです。

しかし、その一方で成人アトピー患者に6ヶ月間ステロイド治療を続けても制御不能例(治らない)が19%とおよそ5人に1人もいたというのですから、アトピーのガイドラインを疑ってします。

また、ガイドラインはあくまでスタンダードなので、ステロイド抵抗(効果減弱)や脱ステロイド治療に関しての記述はありませんので、アトピー性皮膚炎と診断された患者はおのずとステロイド治療を始めることになってしまいます。

もう一つ、ステロイド治療が主流であり続ける理由として”ステロイドの劇的な効果”が挙げられます。

例え、アトピーがひどくなってもステロイドを塗れば、即効で効果が出ることから”ステロイドの副作用が見えにくくなり、手放せなくなる”と、アトピー治療で脱ステロイドを提唱した藤澤 重樹先生が書かれています。

つまり、アトピー性皮膚炎と診断される➡ステロイドを処方される➡アトピーが重症化・慢性化する➡ステロイド依存が強く手放せない➡アトピーが治らない

という悪循環に陥ってしまうのです。

なぜアトピーの治療がステロイドなのか

 

軽い気持ちでステロイドに頼ってはいけない

ステロイド外用薬に頼るアトピー患者さんが多いのは日本だけではありません

実は、ステロイド産業は売上高が年間20億ドルを超えており、アトピー性皮膚炎の治療でステロイド依存になっている患者が多く、成長している分野だとされます。

ステロイドを生産していたり、販売している企業からすればステロイドを使ってくれる人が一人でも増えることで、会社が潤うので脱ステロイドなんかされたら溜たまったものではありません。

病院に行けばすぐにステロイドを処方してくれますが、ステロイドを使うことにより、効果減弱、副作用の累積などの現実問題があり、一時的には症状を抑え込んでくれますが、結果的には問題を先送りにし、いざステロイドを止めようと思っても想像以上のリバウンド症状が待ち構えていることを考えると、軽い気持ちでステロイドを使用してはいけないということが分かります。

また、現在は新アトピー改善法が注目されていますので、なかなか治らず慢性化しているアトピー性皮膚炎に悩んでいる方はご覧ください。

【医学博士が推薦する新アトピー改善法】でアトピー地獄から解放された方々のビフォア-アフターはこちら

今回は、【なぜアトピー治療の主流がステロイド外用薬なのか?】についてお話させていただきました。

 

関連記事も同時に合わせてご覧ください▼
アトピー性皮膚炎の原因と診断基準は?
アトピー性皮膚炎にステロイド外用薬は有効か?【効果と副作用】
アトピー性皮膚炎の脱ステロイドとは?【リバウンド症状と期間】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
コメントは利用できません。

スポンサードリンク

カテゴリー

最新の美容情報一覧▼

ページ上部へ戻る