【バセドウ病】【橋本病】甲状腺の異常と症状とは?

「体がいつもだるい」
「昔と比べ、異常に汗をかいてしまう。。。」
「明らかに体に違和感があって不安」

というような方は少なくありません。

「ただ、単に疲れているだけだから。」

と決めつけるのはちょっと待ってください。

もしかすると、それは甲状腺の病気かもしれません。

そこで、今回は、そんなお悩みを持つ方のために、【バセドウ病】【橋本病】甲状腺の異常と症状とは?をテーマにお話させていただきたいと思います。




✔️甲状腺の異常とは?

「疲れ」や「だるさ」「めまい」「むくみ」「動悸」「月経不純」とった原因不明の体調不良が続いている場合は、甲状腺の病気の可能性を疑ってみることが必要です。

「甲状腺」という言葉を耳にしたことがありますか?

甲状腺は、首の前側にある「喉仏」の下に位置する臓器で、蝶が羽を広げたような形をしています。

甲状腺は、首の前側にありますが、正常であれば皮膚の上から触っても、輪郭や形状はほとんど分かりません。

しかし、甲状腺に何らかの異常が生じると、首が腫れて硬くなり、熱を持ったり、しこりができたりという症状が現れます。

よくあるのが「首が腫れて体がだるいから、風邪を曳いたのかな?」という気持ちで病院を受診したら、甲状腺の病気が見つかったというケースは珍しくありません。

では、甲状腺とは一体どんな働きをしているのでしょうか?

甲状腺の役割

体の中で、ホルモンを作る臓器のことを内分泌器官と言いますが、甲状腺はホルモンを分泌する内分泌器官になります。

甲状腺は、脳の「下垂体」と呼ばれる部分から分泌される甲状腺刺激ホルモンに影響され、下垂体は脳の「視床下部」という部分から指令を受けて働いています。

甲状腺の役割は、食物(おもに海藻)に含まれているヨウ素を材料にして甲状腺ホルモンを作ることです。

では、甲状腺ホルモンにはどのような働きがあるのでしょうか?

甲状腺ホルモンの働き

✔︎脳や神経系の発育を促して思考を活発にする

✔︎消化管からの糖の吸収を促す

✔︎心臓の収縮力を高めて心拍数を上昇させる

✔︎肝臓に働きかけて血中コレステロール値や中性脂肪値を下げる

✔︎骨や筋肉の発育を促す

などがあります。

これらをご覧いただくとお分かりになると思いますが、甲状腺ホルモンは人間の体にとってなくてはならないものです。

甲状腺ホルモンは適切な量が分泌されることで、人間は生命を維持できているのです。

先ほども書きましたが、通常は、甲状腺ホルモンが適度に分泌されるように、脳の「下垂体」と「視床下部」です。

下垂体からは、甲状腺ホルモンの合成・分泌を促す甲状腺刺激ホルモン(TSH)が分泌されています

また、下垂体が甲状腺刺激ホルモンを分泌するように促しているのが、脳の視床下部のTSH放出ホルモン(TRH)です。

つまり、甲状腺は独立で機能しているわけではなく、脳の「下垂体」「視床下部」と連携しながら機能しているのです。

しかし、何らかの原因で甲状腺ホルモンの分泌量が多すぎたり、少なすぎたりという状態になってしまうと、それに伴い様々な症状が出てしまいます。

例えば、バセドウ病をはじめ、橋本病などは自己免疫疾患の一つだと考えられています。

では、バセドウ病とは一体、どんな病気なのでしょうか?

 

✔️バセドウ病の原因と症状は?

甲状腺の病気の代表的な疾患は、バセドウ病です。

バセドウ病は甲状腺機能亢進症なのですが、最も特徴的なのは首の腫れです。

首の腫れ以外では外見的な身体症状が少ないので、自分では気づきにくい病気と言われています。

一方、全身に様々な症状が現れやすく、ほかの病気と間違われるケースが多いです。

そこで、甲状腺機能亢進症の代表としてバセドウ病、甲状腺機能低下症の代表として橋本病があります。

バセドウ病…代謝が活発になり、体も心も一種の興奮状態になります。

そのため、動機や頻脈といった心臓の症状、手指のふるえ、のぼせ、多汗、体重減少、薄毛、下痢、イライラや不安など、全身に症状が現れます。

バセドウ病では、目が出てくる「眼球突出」という症状がよく知られていますが、実際この症状が現れるのは患者さんの20~30%です。
自己抗体による刺激によって、眼球を動かす外眼筋や眼球の後ろにある脂肪細胞が炎症やむくみを起こし、体積が増えて眼球が前に押し出されます。

眼球突出以外も、物が二重に見えたり、まぶたが腫れたりすることもあります。

また、最大血圧(収縮期血圧)が上がりやすく、病院に受診すると高血圧と間違われます。

手足に力が入らなかったり、指先が震えたりするので、筋肉や神経の病気を疑われることも少なくありません。暑がりになって、汗を大量にかき、体がほてる症状は更年期障害、急な体重減少はガン、精神的に不安定でイライラして興奮しやすくなる点は躁うつ病や精神障害と間違われることもあります。

女性の場合、月経の量が少なくなるのが一般的で、月経不順や月経周期が長くなったり無月経になったりするので、別の病気と疑われることもあります。

甲状腺というのは、体の中でとても重要な器官なので、何らかの原因で以上をきたすと、様々な症状が出ます。
さらに、問題なのはその症状の原因が甲状腺にあると診断するのが難しい点です。

バセドウ病の症状はこんなにある↓
✔︎脈が速くなる
✔︎ドキドキする
→間違えられやすい病気:心臓病
✔︎汗を異常にかく
✔︎のぼせやすい
→間違えられやすい病気:更年期障害
✔︎イライラする
✔︎興奮しやすい
→間違えられやすい病気:双極性障害
✔︎食べても痩せる
✔︎尿から糖が出る
→間違えられやすい病気:糖尿病
✔︎最大血圧(収縮期)が高い
→間違えられやすい病気:高血圧
✔︎下痢をしやすい
→間違えられやすい病気:過敏性腸症候群
✔︎手指がふえる
→間違えられやすい病気:神経筋疾患
✔︎ものが二重に見える
→間違えられやすい病気:目の病気

 

バセドウ病になると、精神的に不安定な状態になるとともに、非常に良いストレス解消のやり方として、運動される方がいますが、甲状腺疾患を患った方は、主治医から運動の許可が下りるまで、やみくもに体を動かしたり、運動してはいけません。

特に、甲状腺ホルモンが過剰に分泌されるバセドウ病の方は、バセドウ病により代謝が上がり、心臓に負担をかけているので、さらに心臓に負担をかけてしまうことになります。

そのため、治療を開始してから数ヶ月は運動を控えなければなりません。

では、次に橋本病についてみてみましょう。

 

✔️橋本病の原因と症状は?

橋本病は、甲状腺の病気の代表的な病気の一つです。

分かりやすい症状としては、バセドウ病と同様首の腫れですが、バセドウ病と異なり甲状腺ホルモンの分泌が減り、心身の働きが低下することに伴って、様々な症状が現れます。

代謝が上がるバセドウ病とは対照的に体が重く、だるい感じがする、無気力でダラダラしたくなるといった症状は、更年期障害やうつ病と間違われることがあります。

橋本病…橋本病は、甲状腺に何らかの原因で慢性的に炎症が起きている状態を指します。

橋本病は、甲状腺機能亢進症とは逆に、甲状腺の働きが低下し、甲状腺ホルモンが不足する病気を「甲状腺機能低下症」といい、その代表が橋本病です。他には、シーハン症候群やクレチン病などがあります。

その炎症は、バセドウ病と同様、自己免疫が原因とされていて、甲状腺の細胞がリンパ急に攻撃され、慢性の炎症が起こることで発症します。

橋本病は20代~40代の女性に多いとされ、10人に1人に起きる病気だとされます。

脳の働きが低下して物忘れが増えたり、ろれつが回らなくなったりする症状は、認知症や脳血管障害とよく似ています。

むくみが全身に現れたり、尿からタンパク質が出たりして、腎臓病と間違われる場合も少なくありません。
橋本病の症状はこんなにある↓
✔︎落ち込みやすい
→うつ病
✔︎物忘れ・意欲低下
✔︎ろれつが回らない
→認知症・脳血管障害
✔︎皮膚が乾燥する
✔︎疲労・倦怠感
→更年期障害
✔︎寒がりになる
✔︎体温が低い
→冷え性・低血圧
✔︎月経不順
→更年期障害
✔︎顔や足がむくむ
✔︎まぶたが腫れる
→腎臓病
✔︎薄毛や抜け毛
✔︎眉が薄くなる
→老化・脱毛症
✔︎声がかすれる
→声帯炎

 

上記が、甲状腺の病気の代表的な疾患である「バセドウ病」「橋本病」なのですが、実は、ストレスの多い生活が甲状線の病気と密接に関係していることが様々な研究で明らかになりつつあります。

東京大学の研究チームが、心理的ストレスとバセドウ病の関係を調査していたのですが、女性の甲状腺の病気を抱えている方の中で、バセドウ病の発症率が7.7倍にも高くなっているという結果が報告されています。

甲状腺の病気には、精神的なストレスも深く関わっていると考えられます。

そのため、甲状腺疾患の悪化を防ぐには、専門医のもとで適切な治療を受けるとともに、普段からストレスを溜めずに、リラックスすることを心がけましょう。

今回は、【バセドウ病】【橋本病】甲状腺の異常と症状とは?をテーマにお話させていただきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
コメントは利用できません。

スポンサードリンク

カテゴリー

最新の美容情報一覧▼

ページ上部へ戻る