【デリケートゾーン】ケア方法は間違いばかり!?黒ずみと臭いの原因とは?

デリケートゾーンの悩みって、なかなか人に相談できませんよね。。。

実際、世の女性の8割以上がデリケートゾーンに悩みを持っているとされています。

デリケートゾーンの黒ずみが気になってきた。。。

毎日ちゃんと洗っているのに臭いがする

生理中の正しいケア方法を知りたい!

という方も多いと思います。

知っているようで知らないデリケートゾーンのケア。

体を洗うついでにデリケートゾーンを洗っている方もいると思いますし、中までゴシゴシと洗っている方も少なくありません。

何気なく行っているケアが原因で、黒ずみや臭いを発生させている場合が多くあるのをご存知でしょうか?

そこで、今回はデリケートゾーンのケア方法を知らない女性のために、

【デリケートゾーンの黒ずみ、臭いの原因とケア方法】をテーマにお話させていただきました。




☑️デリケートゾーンの黒ずみ、臭いの原因は?

まず、デリケートゾーンの黒ずみ、臭いの原因とは一体なんでしょうか?

人によりその臭いは異なりますが、一つ言えることは、

多くの方が適切なケア方法を知らず、自己流の手入れをしている

ということです。

人間には、エクリン腺とアポクリン腺という2種類の汗の出口があります。

エクリン腺…全身に存在する1平方センチに100個以上もある小さな汗腺。

主に体温を調節する役割を担っていて、エクリン腺から出る汗の99%は水分、残り1%に塩分や尿素、アンモニアが含まれています。

エクリン腺から出る汗は、99%が水分なので、においはほとんどありません。

アポクリン腺…一方、アポクリン腺はワキの下や陰部、耳の中(外耳道)、肛門、乳輪などの一部に存在する汗腺です。

アポクリン腺から出る汗は、白っぽい色で粘り気があり、成分としてはタンパク質・脂質・糖質・アンモニア・鉄分などが含まれています。

上記の成分は常在菌により分解されることで、独特のにおいが生まれます。

つまり、デリケートゾーンの独特の臭いは

”アポクリン腺から出る汗の成分が関係している”

ことが分かります。

また、デリケートゾーンは、ご存知の通り複雑に入り組んだ構造なので、おりものを始めとする分泌物がこびりついた恥垢(ちこう)と呼ばれる垢、尿、トイレットペーパーなどがこびりついていたりと常に汚れやすい環境にあります。

さらに、先ほど説明させていただいた通り、大陰唇にはアポクリン腺という汗腺も多く分布しているため、清潔に保っていないとどうしても”臭い”や”黒ずみ”が発生してしまいます。

今まで、何気なく洗ってきた

という方は非常に多いです。

次に、デリケートゾーンの誤ったケア方法をご紹介したいと思いますので、今一度、ご自分のデリケートゾーンのケア方法を見直してみましょう。

 

☑️デリケートゾーンのケア方法は間違いばかり?

あなたは、どのようにしてデリケートゾーンをケアしていますか?

最も多いのが、下記の3パターンです。

 

間違ったデリケートゾーンのケア方法

市販の石鹸やボディソープで洗っている
↪︎デリケートゾーンはとても繊細です。

また、膣内はpH4.0程度と弱酸性で保たれていて敏感なため、弱アルカリ性のボディソープや石けんで洗うとpHバランスが崩れてしまい、乾燥やムズムズといった不快感を感じることもあります。

市販の石鹸やボディソープは、デリケートゾーンを洗う用に開発されたものではないため、お肌が敏感の方やアレルギー体質の方にとっては”かゆみ”の原因になることもありますので、注意が必要です。

デリケートゾーン専用ソープはこちら


ボディ用スポンジでゴシゴシ洗っている
↪︎ニオイを気にしすぎるあまり、カラダ用のスポンジで毎日強めにゴシゴシと洗ってしまっている方がいます。

スポンジでゴシゴシこすることで汚れが取れているように感じますが、実際はスポンジによってデリケートゾーンが傷つき、反対にニオイや黒ずみの原因になることもあります。

デリケートゾーンは、敏感で刺激に弱いためスポンジでゴシゴシする必要はないのです。

指の腹で丁寧に洗うことで、汚れはしっかり落ちます。

また、生理中は特にデリケートな時期なので、無理に強く洗い過ぎないように注意しましょう。

中までしっかり洗っている
↪︎汚れが残ったままでは不潔なので、隅々まで洗うのは大切です。


ですが、膣内まで指を入れて洗う必要はありません。


正しいデリケートゾーンの洗い方は、教えてもらわないと当然分からないので、知らずに膣内まで洗っている方も少なくありません。


先ほども言ったように、膣内は常にpH4の弱酸性に保たれていて、病原体や雑菌の侵入や繁殖を防いでいます。

これを「膣の自浄作用」というのですが、毎日石鹸で中まで洗ってしまうと、pH4の弱酸性が崩れてしまい、その結果、膣の自浄作用能力が低下してしまいます。


綺麗に保つために中まで洗うことが、逆にデリケートゾーンの状態を悪くしてしまうので、注意しましょう。

 

普段から、上記のような間違ったケア方法をしてませんか?

特に、黒ずみや臭いが気になっている方は、ケア方法を変えるだけで劇的に改善するケースがあります。

では、最後に、

凄い効果があった!!

と話題の大人気のデリケートゾーンのケアグッズをご覧ください。


☑️オイルで洗う”デリケートウォッシュ”が人気急上昇?

最後に、デリケートゾーンの黒ずみや臭いを改善させる方法をご紹介しておきます。

ほとんどの方は、お風呂に入ったときに全身を洗うついでにデリケートゾーンを洗うと思いますが、実は、最近オイルで洗う方法が注目されています。

デリケートゾーンの黒ずみがどうしても気になる。。。

何歳になってもデリケートゾーンを美しく保ちたい!

効果を実感できるデリケートゾーンのケア方法を知りたい!

と思う方にオススメなのが、PEACH JOHNから発売されている【デリケートウォッシュオイル】です。


デリケートウォッシュオイルは、デリケートゾーンのトラブルや悩みを持つ日本人女性のために開発された商品です。

※公式サイトは→こちら

デリケートウォッシュオイルは、”臭いの元となる汚れや皮脂を除去”できると話題になり、累計4万本以上が売れている人気商品で、実際に使用した方の口コミも多数に。

女性らしい良い香り!翌日も良い香りが続いており、不快な臭いが無くなりました!しかも生理中だったので本当に驚きです!

肌が弱いのですが荒れることも無く満足しています。

使ってみて大正解でした。

臭いはまったく気にならなくなり、おりものでむれていたのですが、キレイになりました。

香りも良く、かなり満足しています。

使い始めて3日ほどですが、早速効果を感じています。

気になっていたデリケートゾーンの臭いはほとんどしなくなりました!

ふんわりとしたローズの香りも気に入っていて、女性らしさがアップしたように感じます。

テクスチャーも良いし、デザインも素敵。

デリケートケアの商品とは思えません。フレッシュなローズの香りも好きです。

多くの方が高く評価しているようです。

デリケートウォッシュオイルは、複雑な構造で汚れやすいデリケートゾーンの汚れをオイルで浮かせることにより汚れを綺麗に落とすことができます。

1本で約2ヶ月分の量が入っていて、使い方もとても簡単です。

また、オイルに含まれる成分は、日本国内で無農薬にて育てられたフルーツやハーブのみを使っているので、お肌にとても優しく敏感肌の方も安心して使うことができます。

デリケートゾーンの黒ずみや汚れが気になる。。。

特に、生理中の臭いが心配。。。

毎日、デリケートゾーンを清潔にケアしたい。

という方にはピッタリのデリケートウォッシュオイル。

ぜひ、一度お試しくださいね♪

ピーチ・ジョン「デリケートウォッシュオイル」の詳細はこちら



今回は、【デリケートゾーン】ケア方法は間違いばかり!?黒ずみと臭いの原因とは?をテーマにお話させていただきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
コメントは利用できません。

スポンサードリンク

カテゴリー

最新の美容情報一覧▼

ページ上部へ戻る