ニキビや吹き出物に悩まされている方は大勢います。

中には、ニキビや吹き出物ができる度に気になって触ってしまったり、潰したりする場合もあるかと思います。

実は、本当は『アテローム』なのに、ニキビだと勘違いしていることがあります。

アテロームって何?』と思われている方も多いでしょう。

そこで、今日は手術しなければ治らないと言われている『アテローム』についてお話したいと思います。

連記事:『ニキビ』と『吹き出物』の違いは?




アテロームとは?

アテローム』とは、皮膚から剥がれ落ちた角質などの老廃物が皮膚の内部に袋状になって溜まったもので、別名『粉瘤(ふんりゅう)』や『表皮嚢胞(ひょうひのうほう)』とも呼ばれます。

アテローム

一般的に、アテロームは”脂肪の塊”と思われていますが、実際は”皮膚から剥がれ落ちた角質などの老廃物”なので両性の腫瘍である脂肪腫とは全くことなります。

簡単にいうと、”袋状になった吹き出物”のようなもので、両性の腫瘍とされています。

また、徐々に大きくなり、時には数センチ大まで大きくなることもあります。

ひどい場合では、アテローム中央部の開口部から最近が侵入し炎症を起こしてしまう場合があります。

炎症が起こったアテロームを炎症(化膿)性粉瘤と呼び、発赤と痛みを伴い場合が多いです。

 

アテロームの特徴

アテロームの一番の特徴は、アテロームを潰したときの”強烈なニオイと言われます。

その原因は、アテロームの中身がはがれおちた角質や老廃物だからです。

さらに、アテロームの特徴として、硬いしこりであり、急激 or 徐々に大きくなり「へそ」と呼ばれる黒い穴(もしくは点)があるのが特徴です。

アテロームの出来やすい部位は、特に頭や顔、背中と言われます。

しかし、腹部や腕、脚、手足の指、外陰部、脇などさまざまな部位での症例が報告されているため、全身のどこにでもできる可能性があります。

また、腹部や腕、脚、手足の指、外陰部、脇に多数のアテロームが出来ることを『多発性毛包嚢腫』と呼び、数個から数十個のアテロームが同時に発生することがあります。

年齢や性別などの条件などは特に無いようですが、先天性でアテロームができやすい体質もあるようです。

 

治療方法について

アテローム』の一番厄介な点は、自然治癒しないこと

本来体外に排出されるはずのアカが溜まるもので、大きくなると”しこり”が目立つので自分でも気づき、絞りだしたり、潰したりすると真ん中の『へそ』の部分から、先の黒い部分と白い脂肪のようなものがでてきます。

中身をすべて絞り出すとしこりが無くなり、一見治ったように思いますが、皮膚の内部にできた袋を取り除かない限り何度でも再発するため、外科的手術にて袋を摘出する必要があります。

外科的手術というと、メスで大きく切るイメージがありますが、比較的小さなアテロームであれば、へそ抜き法(くり抜き法)という方法で表面の切開は最小限に抑え、皮膚下のアテロームだけをくり抜くことができる場合があります。

また、良性の腫瘍なので取り除くかどうかは本人の意思が尊重されますが、徐々に大きくなる場合もあるため、医師に相談することをおススメします。

 

手術代はどの程度かかるのか?

手術で取り除くことでしか治す方法が無いため、アテロームと疑われるしこりがある場合は、まずは皮膚科に受診することをおススメします。

アテロームの摘出手術は、『皮膚・皮下腫瘍摘出術』が適用され、局部麻酔下で15~30分で終わるようです。

アテロームの手術にかかる費用は、医療機関ごとやアテロームの大きさや数で変わるようですが、医療保険の適用で、3割負担でおおよそ5000円(顔面)~20,000円(腰背部)ほどです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
コメントは利用できません。

スポンサードリンク

カテゴリー

最新の美容情報一覧▼

ページ上部へ戻る