『抗糖化』について【AGEsとは?】

老化の原因については、前回の『アンチエイジングとは?』でご説明させていただいきました。

今回は、老化の原因の一つ『抗糖化』についてお話したいと思います。

 

体内の血液中に糖分が長い間残っていることで、タンパク質(コラーゲン、エラスチン)が糖化することにより変性して硬く脆くなり本来の機能を果たすことができなくなります。

これらは、最終的にAGEs(Advanced Glycation Endroucts)という最終糖化産物となります。

最終糖化産物であるAGEsは、血管をはじめあらゆる臓器に深刻なダメージを与えます。

AGEsは、アンチエイジングにとって大敵であり、私たちのからだをどんどん老化させます。

代表的な疾患として、『糖尿病』が挙げられ、糖尿病性腎症四肢の末梢神経障害眼底出血などはAGEsによる悪影響が表面化した結果です。

つまり、健康的にも美容的にもAGEsを体に溜めないことが求められ、食生活を見直す必要があります。

女性は、男性に比べ甘い物を好む傾向にあると言えますが、普段から甘い物が無いとストレスが溜まるという方はいらっしゃいますか?

私は男性なのですが、甘いものが大好きで大きなパフェを一人でペロリと食べきれます。しかし、抗糖化を意識してからは、甘いものを食べることが激減して自分でも驚いています。

 

実は、甘い物には中毒性があると言われています。

空腹時に甘いものを食べると、一時的に血糖値が急上昇して脳が『シュガーハイ』という状態になります。

シュガーハイになるとさらに甘いものが欲しくなり、結果的に身体にたくさんの糖分を入れてしまうことになります。

これは、甘い物だけに限らずご飯や麺などの炭水化物も含まれます。

日本人にとってご飯は主食ですので、糖の中毒性には自覚しにくいということが言えます。

糖分を過剰に摂取するという習慣は、一度根付いてしまうとなかなか抜けにくく、糖尿病リスクだけでなく、老化も助長させてしまいます。

まずは、自分が糖分を過剰に摂取していないか、食習慣について考えてみることをおススメします。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
コメントは利用できません。

スポンサードリンク

カテゴリー

最新の美容情報一覧▼

ページ上部へ戻る